司法書士田島掌のブログ

2009年11月30日

ラジオドラマ「プリンセス・トヨトミ」


万城目学さんの小説「プリンセス・トヨトミ」がNHK-FMの「青春アドベンチャー」シリーズで、ラジオドラマ化されています。11月30日から12月4日にかけては、全10回のうち、後半が放送されます。

NHK「オーディオドラマ」
http://www.nhk.or.jp/audio/index.html

2009年11月27日

執筆書「中小企業の法務リスク対策」

私が執筆に参加した下記書籍が出版されました。

この本は私を含めた司法書士6名と、税理士の牧口晴一先生で共同執筆しました。会社法関係の書籍は数多くありますが、書式を見ると上場企業向けのものが多く、一般的な企業経営の現場では、そのまま使うことが出来ないことがあります。この本は、そうした不満から、中小企業が実際に使える書式や事例紹介を中心に書かれています。

中央経済社「中小企業の法務リスク対策―経営承継、株主・株式、従業員等のトラブル予防」
http://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd
=17262&item=978-4-502-98730-4

2009年11月26日

リーガルサポートとは

私の所属団体であるリーガル・サポートについて質問を受ける機会がありました。自分用メモです。

社団法人成年後見センターリーガル・サポート
「リーガルサポートとは」
http://www.legal-support.or.jp/legalsupport/

2009年11月25日

「ニーベルングの指環」のSACD

ショルティ指揮の「ニーベルングの指環」がSACDで復刻されるそうです。CD14枚組だそうです。クラシックファンの間で大きな話題になりそうです。

TEAC・ニュースリリース
http://www.teac.co.jp/news/news2009/20091113-01.html

2009年11月24日

LINNがCDプレイヤーの生産を完了

オーディオ・メーカーのLINNは、CDプレイヤーの生産を完了すると発表しました。プレスリリースによれば、この決断は「デジタルストリーミング(DS)が、家庭における『超高音質ミュージックシステムの未来』であることを証明」する決意に基づいたものであるようです。

LINNは、アナログ・プレイヤーの名作LP12でも有名です。とうにパッケージメディアの主役を降りたアナログですが、LP12は21世紀に入っても生産継続され、様々な改良が加え続けられています。

あるミュージシャンは、インタビューで「音楽のメディアは、今後インターネットによるダウンロードと、アナログ・レコードの二つだけが生き残るのではないか。ネットワークは、CDのフォーマットの限界を突破できる。アナログにも、フォーマットとしてブレイクスルーの理論的な余地が残されている。しかし、CDにはその余地はない」との趣旨の発言をしていました。

http://www.linn.jp/pdf/cdplayer_091123.pdf

2009年11月20日

「笑の大学」はFMでもオンエア

11月5日にこのブログで書いた「笑の大学」ラジオ版の再放送ですが、NHKラジオ第一とNHK-FMで同時に放送されるようです。

司法書士田島掌のブログ11月5日
http://www.tajima-sho.com/blog/2009/11/post_851.html
NHK番組表「ラジオ深夜便~ラジオドラマ・アーカイブス 笑の大学」
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009
-11-21&ch=07&eid=2072

2009年11月19日

「登記研究」740号の記事

雑誌「登記研究」の最新号である740号に、「商業・法人登記実務の諸問題(2)」という記事が掲載されています。譲渡制限のある種類株式と、そうでない種類株式が混在した場合の登記簿の記載方法など、従来から論点となっていた諸問題について、一定の回答が示されています。

2009年11月18日

ロックの雑食性

言い古されたことだと思いますが、ロックンロールの登場は単なる音楽スタイルの刷新というだけでなく、20世紀の文化的な発明としての意義を持っていました。それは「音楽スタイルの発明や方法論の革新が、新しいグルーブの発見に直結する」ということを世界中に伝えました。そこにラジオ、テレビ等のマスメディアの発達と、レコード等の音楽パッケージメディアの普及のタイミングが重なり、また、無数の優れたアーティストたちの努力と才能が注ぎ込まれました。ロックンロールはハードロック、プログレッシブロック、グラム、ファンク、ソウル、パンク、レゲエ、テクノ、ニューウェイブ、ヒップホップ、クラブミュージック、グランジなどの支流を次々と獲得し、単に「ロック」と呼ばれるようになりました。

このような来歴から、ロックは常に自己解体やイノベーションを志向し、それによって新しい、まだ誰も聴いたことのないグルーブを追求することを目指すものと性格づけられました。そして、極めて多岐にわたるトライ・アンド・エラーの歴史的成果が、総体として、現在の「ロック」という概念を構成しているように思います。

したがって、ロックを一定の音楽スタイルとして定義することは本質的に不可能だと思います。強いて言えば、ある種の思想そのものというほかありません。ロックがどんな音楽スタイルも飲み込む雑食性を持っていることも、このように捉えることで説明がつくように思います。

2009年11月17日

法務省の事業仕分け

本日の行政刷新会議「事業仕分け」には、法務省の事業が予定に入っています。「裁判員制度の啓発推進」「登記事項証明書の交付事務等の包括的民間委託の実施」「登記情報システムの維持管理」の3つです。

行政刷新会議
http://www.cao.go.jp/sasshin/index.html

2009年11月16日

外事警察

NHK土曜ドラマ「外事警察」の第1回目が放送されました。制作は「ハゲタカ」のチームのようです。密度の高さは相変わらずです。このドラマも大ヒットするでしょう。

それにしても、あの青っぽく着色された画面に渡部篤郎さんが刑事役で出てくると、「ケイゾク」を思い起こさずにはいられません。「断片的にフラッシュバックする過去の事件」「女性新人刑事の配属」「警察内の内偵調査」などの要素も共通しています。

そんな指摘が出るのは百も承知で、スタッフは制作したのだと思います。外野の声を蹴散らせるだけの自信がある、ということなのでしょう。

NHK「外事警察」
http://www.nhk.or.jp/dodra/gaiji/

2009年11月13日

名波浩引退試合

「名波浩引退試合」について、「ジュビロ磐田サポーターズクラブ会員限定」のチケット優待販売が、本日から開始されました。

フランス大会のレギュラーのうち、現役選手もわずかとなってしまいました。

ジュビロ磐田
http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/
detail/?nw_seq=1115

2009年11月12日

映画「BU・SU」のDVD

ボックスのみで入手可能だった映画「BU・SU」のDVDが、単独のタイトルとして発売されることになりました。市川準監督の映画デビュー作です。ブルーレイで出してくれないものかとも思いますが、とりあえず単独DVDになったことを喜ぶべきなのでしょう。

松竹「BU・SU」
http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?
category_id=30738&item_id=286425

2009年11月11日

事業仕分けの生中継

行政刷新会議の事業仕分けの生中継が始まりました。

行政刷新会議ワーキンググループ日程・ライブ中継サイト
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/live.html

2009年11月10日

古い消化器の破裂事故

古い消化器の破裂事故が国民生活センターに報告されているそうです。耐用年数のチェックが重要ですね。

国民生活センター「古い消火器は危険!腐食による破裂事故あい次ぐ」
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen71.html

2009年11月09日

LIVE AT READING/NIRVANA

ニルヴァーナの「LIVE AT READING」を、やっと聞くことができました。レコード会社のHPには、「1992年8月30日に英国レディングで行われたレディング・フェスティヴァル最終日にフロント・アクトとして登場したニルヴァーナの衝撃パフォーマンス」と紹介されています。

演奏からは、この日、全員がすさまじい集中力でステージに立っていたことがわかります。「ちょっと聞いてみる」などという態度を許さない、決然たるものを感じます。

以前、このブログに書きましたが、私はニルヴァーナの日本公演を、名古屋クラブクアトロで見ることができました。「NEVERMIND」発売当時のツアーです。観客は、ほぼ全曲合唱状態でした。カートの演奏は、全身で観客にぶつかっていくような、真剣で誠実なものでした。

「LIVE AT READING」を聞くと、当時の感動が、前にも増して鮮明によみがえります。バンドとしてのパフォーマンス自体は、「LIVE AT READING」のほうがスケールアップしているような気がします。

ユニバーサル・ミュージック「ニルヴァーナ『LIVE AT READING』」
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/nirvana/uicy94346.html

2009年11月06日

ある同職からの電話

「○○○○の件で田島先生が詳しいって聞いたんですけどぉ。私、司法書士の○○っていうんですがぁ。ちょおっと教えて欲しいんですけどぉ(以下略)」

まったく面識のない質問者は、電話でこう切り出して、質問を一方的に始めました。一つ答えると、次から次へと質問が続きます。どうやら、手元に六法すら置かずに電話をかけてきたようです。最後に「また何かあったら教えてくださぁい」といって切れました。質問者は、最後までフルネームを名乗らずじまいでした。

2009年11月05日

「笑の大学」ラジオ版が再放送

1994年にラジオドラマとして放送された「笑の大学」がNHKラジオ第一で再放送されるそうです。後に舞台化、映画化もされた三谷幸喜さんの名作の、初期のバージョンです。11月21日の放送予定です。

NHK「ラジオドラマアーカイブス」
http://www.nhk.or.jp/archives/radiodrama/

2009年11月04日

WORRISOME HEART/MELODY GARDOTの

MELODY GARDOTのメジャー1st.「WORRISOME HEART」には、輸入盤でアナログもあります。なんと45回転です。「21世紀に、あえてアナログをリリースすること」の意味をよくわかったアーティストだと思います。

2009年11月02日

花椿ト仲條/仲條正義

資生堂の「花椿」のエディトリアル・デザインの作品集が出版されています。アート・ディレクターはもちろん仲條正義さんです。この人がするデザインには、いつも理屈抜きのかっこよさがあると思います。

ピエ・ブックス「花椿ト仲條」
http://www.piebooks.com/search/detail.php?ID=1093

司法書士田島掌のブログとは?

登記や法律の話題,個人的に興味をひかれる出来事などについてのブログです。司法書士田島掌のプロフィールについては,「トップページ」の「司法書士田島掌のご紹介」をご覧ください。

« 2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • その他

月別アーカイブ

ブログ内を検索


rss